みかん亭の精神

「料理と観光」をテーマに活動しています。

  

自己紹介・・・屋号(みかん亭)。個人の料理活動家でカレー職人です。

 

全国でも聞いたこと無い『料理活動家』です。

 

料理で出来る社会貢献も行っています。

鳥取市『きりんこども食堂』調理ボランティア。

『食のみやことっとり』イベントへの参加。

 

ひたすら「味・クォリティ」のみ追求しています。

 

これ以外、何にも興味ありません(笑)。

  

料理マンガが大好きです。

 

高校生の時「味平」にあこがれて料理始めました。

 

地域食材、特に『鳥取和牛』にこだわっています。

南部町 『恩田畜産』さんとどっぷり和牛振興がんばっています。

 

 

鳥取の黒毛和牛レトルトカレーを企画製造販売しています。

「保存性」「衛生的」とレトルトの利点を生かしたご当地カレーで地域発信を行っています。

 

もちろん、スパイス配合、味も、僕の技術を込めています。

 

化学調味料不使用、もちろん香料、保存料も使ってはいません。

安全安心な食品を作っていきたいですね。

 

子供たちの未来のためにも。

 

 


読売新聞のローカル記事で僕の料理活動が掲載されましたので紹介しますね。

 

僕の料理の原点「ブラックカレー」との関わりが記されてます。

 


とっとり花回廊での記録です。


2018年2月16日山陰放送ラジオでのPR活動です。

パーソナリティの『べるを』(左上)さんと『吉村アナ』(右上)と記念撮影。


地域貢献

2018年6月29日鳥取市弥生町にて『街中グルメパーティ』に参加しました。

この日は県産牛モモ肉を丸焼きで。焼きながらの切り売りでした。

美味そう!!

ロティスール(焼き師)の本領発揮(笑)


肥育・流通すべてにこだわった南部町産黒毛和牛

鳥取県西部に位置する南部町。

 

ニッポンの里山風景がここには在る!。

 

自然豊かなその地域で『なんぶ里山育ち「恩田さくら和牛」』が肥育されています。

 

芳醇な香り、上級な肉質。

ハイスコアなオレイン55(鳥取県の和牛肉質の新しい判断基準)ヒット率。

  

煮込み料理、ステーキに、高品質な料理へと昇華します。

 

そして高品質な料理をお求めやすい価格での提供がみかん亭の思うところです。

 

レトルトカレーには煮込みにベストな部位(スネとネック)しか用いていません。

 

なんぶ里山育ちの恩田さくら和牛牛舎のそばの鎮守の森、神様が牛達を見守っていますよ。